• アメリカで公開されたiphone8のデザイン

    年内に発売されると言われているiphone8の、気になるデザインをアメリカのメディアが公開しました。
    ディスプレイ四方のベゼル幅は4mmとされており、これまでと同様にサイドにはディスプレイがないデザインです。

    また、背面にTouchIDを搭載するとした「プランB」は消滅しており、背面には何もありません。



    さらに、iphone8ではヘッドホンジャックは搭載されません。


    iPhone7/7Plusからヘッドホンジャックは搭載されなくなっているので、iphone8もその流れを継続すると言えるでしょう。

    オリジナリティに富むYahoo!知恵袋の情報探しはこのサイトから初めてください。

    iPhone7/7Plusの流れを継続するデザインは、ヘッドホンジャックだけではありません。


    iPhone7/7Plusで初めて搭載されたステレオスピーカーを、iphone8も搭載すると言われています。
    なお、これまでのシリーズと異なる点も多々あります。


    まず挙げられるのが、サイドの電源ボタンが大きくデザインされているという点です。



    続いて、L字型バッテリーを搭載する事による、バッテリー持続時間の長時間化です。

    本体のサイズはiPhone7Plusより小さくなるものの、iPhone7Plusよりバッテリー持続時間は長くなる予定です。


    その為、バッテリーの持ちが悪いと感じているユーザーからすると、これは朗報と言えるでしょう。

    そんなiphone8は、シリーズ史上最も高値で販売されると言われています。

    その為、デザインだけでなく価格にも注目が集まっています。